家財保険の一本化-家族ローンナビ-

住宅ローンや家財ローン等の一本化をお考えの方必見 - 家財保険とは

家財保険とは

家財保険と言うのは
家財保険とは、自ら住居の中の生活用品に対しての保険になります。
例えば火災等の時は、その放水などによりいろいろな物を失う時もあります。その様な時にこの家財保険は威力を発揮してきます。

また近頃は、落雷によるパソコンや家電製品の被害も多くなっているので、この家財保険が便利になってきます。
現実的には、この家財保険と言う名前の保険商品はありませんのでよく注意しておいて下さい。

また専用住宅にお住まいの方達は、この火災保険での対象物は、建物と家財になってきます。
そして賃貸物件の時は家財のみとなり、この家財を主とした火災保険契約が家財保険になってきます。

この家財と言うのは、いわゆる生活に関係した物を言い、例えばパソコンTV、また冷蔵庫等はこの家財保険の対象に該当します。
そして当然と洗濯機テーブルなども家財保険の対象に該当してきます。

火災保険とは異なる

ただ家財保険と言った方がとても分かり易いので、その様に言っているのです。
現実にこの家財保険と言うのは、火災保険での家財が主になった保険になります。
自らの住居が賃貸物件の時は、建物自体はこの火災保険の対象になりませんのでよく注意して下さい。

またその様な時は家財保険それ自体が保険の目的になってきます。
また持家の時は、当然と建物と家財の双方が対象になってきます。
この家財に対して火災保険を付す時に特に気になってくるのが家財保険の補償額だと思います。

この家財に対しての額は、どうやって決定されるのでしょうか?

盗難被害も補償します

家財保険と言うのは特別な方法でその補償額を決決定している事では無い様です。
自宅での家財全部を確認する事自体とても大変になってきます。
また自らによって確認する事自体とても大変なので、保険会社が確認する事自体とても大変になってくるのです。
ゆえにこの家財保険においては、総務省での家計データを元に算出されます。

それは世帯主の年齢や家族構成を基準にして、この家財保険の額の評価をしていきます。
当然と保険会社によりその額は違ってきますが、この家財保険額は独身の場合300万円ぐらい、また夫婦の時はだいたい700万円〜1,200万円
ぐらいになってきます。ホムロンで住宅ローン借り換え相談していなければさらに返済額は高かったと思います。(サイト:ホムロンで住宅ローン借り換え相談:http://jyutakuloankarikae.net/)
また子供2人以上いれば、家財保険そのものは、900万円〜1400万円ぐらいになるみたいです。

当然とこれらは参考額なので、その額で決まる事でもありません。現実に家財保険で調整可能な範囲は契約の時によく相談しておいて下さい。

この家財保険と言うのは、火災等により家財を失った時、またその他盗難被害などについて補償して貰える保険ですので、可能であれば加入をお勧めします。子供達が家財を破壊したり、また突然の事故などでもこの家財保険で補償されてきます。

住宅ローン専用火災保険 | 個人のお客さま | 静岡銀行
住宅ローン専用火災保険 | 個人のお客さま | 静岡銀行

新着情報

◆2014/03/12
家財保険とはの情報を更新しました。
◆2014/02/19
管理情報を新規投稿しました。
◆2014/02/19
お問い合わせフォームを新規投稿しました。
◆2014/02/17
ローン一本化できる銀行の情報を更新しました。
◆2014/02/17
ローン一本化とはの情報を更新しました。